明るく笑顔の男女

入力作業に追われる

増えるシステム導入

私たちが企業に所属・勤務してそれぞれの場面で作業した場合には、給与が発生する事になります。企業にとっては、会社の規定に従って給与計算を行い、給与支払いに応じる事になります。

保険金をかける

計算以外の機能

給与計算システムは単に社員の給与計算するだけのシステムではありません。一言に給与計算といっても、月例の給与はもちろん、賞与、社会保険、雇用保険、年末調整、通勤費といった情報を管理する必要があります。

アドバイザーになる

安価なシステム

企業にとって給与計算は、従業員に給与を支払うための大事な事務作業です。従業員が少ない場合は、現在でも手計算で対応している会社もありますが、一定の従業員を抱える企業は、給与計算システムを活用しています。

オススメリンク

信頼関係が大切

法律で義務化されたストレスチェックに対応したサービスを活用してみませんか?自社で行なうのが難しい時はアウトソーシングしましょう。

交通費精算をしてもらうならここ!;ビジネスナビタイム

頼れる存在

信用もお金で買う時代に

企業が新規に取引を行う場合、お互いの企業の信頼関係が大事になります。商品を購入する企業にとっては、期日までに注文した商品が納品されるか、商品を販売する企業にとっては、期日までに商品の代金が支払われるかといった懸念を払拭しなければなりません。何度も取引している場合は問題ありませんが、初めての場合は、その判断が難しいものです。昔は、お互いの企業の信頼を醸成するまで何度も会い、時間をかける手法も取られていましたが、近年では会社信用情報を扱う企業に信用情報を提供してもらう形が一般的です。ビジネスの世界は早いスピードで動いていますので、会社信用情報を活用することによりスピーディーに与信審査を行い、社長同士の個人的な繋がりなどに頼らない、客観的な視点で相手企業を審査します。

会社信用情報の活用は増える傾向に

企業の中でも新興企業と言われる企業は、移り変わりが非常に早いです。最先端技術を活用した事業展開を行うため、モデルケースが成功すると、一気に同じような企業が設立されます。そのような場合は、会社信用情報の活用は必須になります。実態がない企業があったり、実態はあるものの財務状況が著しく悪かったりする企業の割合が著しく高いからです。会社信用情報を活用すると、該当企業が点数で表示されますが、点数がつけられないレベルの企業はアルファベットで表記されるようになっています。企業の多くは、個人的な繋がりで、勝手に新規取引先と契約ができないようにするために、会社信用情報の提示が義務化されています。このことにより、新規取引先との契約によるリスクを軽減しているのです。

安否確認システムで従業員安心│J-MOTTO

取引きなどをすると、現金しはらいではなく、手形などで支払われることがあります。そのため手形割引を知っておくと便利です。